TOKYO CITY VIEW 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
PLEASE SCROLL

東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)では、「UMEZZ ART PROJECT」の一環として、2022年1月28日(金)~3月25日(金)に楳図かずお氏の世界を展覧会として開催することが決定いたしました。

「UMEZZ ART PROJECT」は、「楳図かずおの世界」を、様々な角度から浮かび上がる「芸術性」にスポットを当て、発信していくプロジェクトとしてこのたび始動いたしました。

UMEZZ ART PROJECTの内容、展覧会の詳細や見どころなどは、順次公開予定です。公式サイトおよび、公式Twitterで随時情報公開してゆきますので、どうぞご期待ください!

プロフィール

楳図かずお(漫画家)

1936年、和歌山県高野山に生まれ、奈良県で育つ。
小学校4年生で漫画を描き始め、高校3年生の時、『別世界』『森の兄妹』をトモブック社から単行本で出版し、デビュー。『へび少女』『猫目小僧』などのヒット作により、“ホラーまんがの神様”と呼ばれる。『漂流教室』で小学館漫画賞受賞。
一方、『まことちゃん』でギャグの才能も発揮。作中のギャグ、“グワシ”は社会現象となった。このほか、『おろち』『洗礼』『わたしは真悟』『神の左手悪魔の右手』『14歳』など、数多くのヒット作を生み出す。
その他、タレント、歌手、映画監督など多数の肩書きを持ち、様々なジャンルで活躍中。2018年、『わたしは真悟』で仏・アングレーム国際漫画祭「遺産賞」受賞。また同年度、文化庁長官表彰受賞。

『おろち』(1969-1970)
『漂流教室』(1972-1974)
『わたしは真悟』(1982-1986)